ライン掲示板成功例

成功例

ライン掲示板って本当に出会えるのでしょうか?
女性と出会えている人はある秘訣を持っているようです。
ブログなどでライン掲示板の日記を書いている男性がいます。
そこでいろいろな行動パターンを分析するとあることが見えてきます。
有料なライン掲示板で「定額制」のライン掲示板ならば、毎月の金額が固定ですからいいのですが、ポイント課金制ライン掲示板制の場合は、どんどんとお金がなくなってしまます。
失敗の連続で結局は止めてしまっているケースも少なくないようです。
ライン掲示板で成功している男性は決して手抜きをしていません。
ひとりひとりのプロフィールに応じたメールをきちんと送っているのです。
それと自分の人物像をしっかりと表現しているようですね。
センスがない人のプロフィール欄を見てみると、例えば趣味欄で音楽鑑賞なんてかいているわけです。
それを見た女性はどう思うでしょうか?
音楽って何が好きなの?
私と趣味があうかどうかわらならないから別の人を探そう……みたいな感じになるわけです。
それが具体的に「僕はゴールデンボンバーが大好きなんです。金爆のコンサートに行くのがとってもストレス発散になって楽しいです」と書いておいたとしましょうか?
そうすれば金爆のファンの女の子はあなたに興味を示すはずです。
少なくともメールを送ってみようかな?という気持ちにはなるでしょう。
別の男性を探そうとは思わない可能性があります。
こういった積み重ねをしている男性がライン掲示板では勝ち組になっているのです。
ライン掲示板で失敗続きの人は心当たりがありませんか?

真剣すぎるとその場に馴染めない

ラインとは元々親しい人と話す事を目的としたツールです。
つまりイメージして欲しいのは友達の部屋で3~4人でお泊り会をしてみんなでお菓子を食べながらおしゃべりをしている感じです。
そんな肩の力が抜けたノリでみんな利用しているので、もしあなたが好きな相手とラインを交換をしてラインが出来るようになったとします。

あなたはこの恋愛を成功させたいと気負うあまりに緊張して真面目な対応をしてしまうかもしれません。
恋愛において真面目である事は決して悪い事ではないはずです。
しかしその場がラインであるという事で肩の力が抜けた場面で1人だけ真面目な状態だと浮いてしまうという点がダメなのです。

例えばイメージするのなら合コンに参加しみんなすごくノリがよくて軽いのに1人だけまるでお見合いに参加したかのような振りまいをしていたらどう思いますか?
真面目でいい人ね、付き合うなら遊びじゃないから真面目な人がいいとはなりません。
場の空気が読めない人というレッテルを貼られてしまうでしょう。
もし出会う方がラインではなければ真面目に自己紹介をして真面目である事がプラスの評価を得られたかもしれません。

ですがラインでやり取りをするのならラインの雰囲気に合わせて自分をアピールする方法を臨機応変に変えていかなくてはいけません。
特に女性とラインをする時にはスタンプも活用するようにしましょう。
どのスタンプを選ぶのかって結構その人の性格が出るものです。

ちょっとガタイがいい強面の男の人が可愛いスタンプを使いこなすとそのギャップが逆に可愛いと好印象を与えるかもしれませんよ。

ラインで新しい出会いを見つける事はNG

あなたはラインを使って友達を作りたい、恋人が出来たらいいななんて思っているかもしれません。
しかしラインは出会い系サイトのように新しい出会いを求めるアプリではありません。
もしラインを使って新しい出会いを求めていると判断されると利用規約に違反した行為であるのでアカウントを削除されてしまいかもしれません。
ではなぜラインでは新しい出会いを求めてはいけないのでしょうか?

それは法律で決められているからです。
もしラインを出会い系サイトの一種とみなすのであれば出会い系サイト規制法という法律を守らなければいけなくなってしまいます。
出会い系サイト規制法とは出会い系サイトで知り合った相手と援助交際をしたり、殺人事件に発展するなどのトラブルが多発したために出来た法律です。
そのため厳しい規制があり18歳未満は利用してはいけない。そして登録時には年齢確認のために免許証などを提示しなければいけない。
公安に届を出して指導を受ける必要があり情報管理を徹底させる必要があります。

つまり運営が非常に大変な上にラインのメリットが損なわれてしまう恐れがあります。
ラインは学生などの未成年が多く利用しています。
未成年が利用出来なくなってしまうと登録者が大幅減になってしまうでしょう。

そのためラインは出会いを求めるツールではなく友達とリアルタイムで会話を楽しむ事に特化したツールへとなったわけです。
出会いは別で探して、出会った後にラインをやり取りする仲になればいいのではないでしょうか?
ある意味ラインは出会いを求めないからこそ安心して利用出来ると言えるでしょう。

ラインの作法とは?

あなたはラインの作法を知っていますか?
携帯のメールと同じような感覚で利用していたらラインをした相手は返事が遅いと不満を持っているかもしれません。
例えばメールなら仕事中やプライベートでも映画を見ていたとか人と会っていたなどの理由で返信が遅れる事は誰でもあります。
メールに気づいたらなるべく早く返信をするのがマナーですが、最長で24時間以内に返信をすればOKという暗黙の了解があります。

しかしラインは基本的に相手もスマホやパソコンに向かっている事を前提として送信するのですぐに返信はあるものを考えます。
そのため1分以上返信がなければ遅いと思われてしまいます。
もしパソコンをしていても、何か別の事をしている最中でラインをするのが不都合な場合はその旨だけ相手に伝えておくといいでしょう。
そうしなければ既読したのに無視されたと相手は思ってしまいます。

ラインには送った相手も相手が既読したのかどうか確認出来る機能があるので即返が求められるのです。
またラインは会話のように短文を何往復もやり取りをするのが基本スタイルです。
そのため長文で返事をされると相手も返事をしにくいわけです。
いろいろ聞きたい事がある、言いたい事があるという場合も短くわけて1つずつ伝えていくといいでしょう。

あとラインのアカウントの画像は自分の写メでも構いませんが、あまりキメ顔のものは避けておきた方が無難でしょう。
それよりも例えば自分がよく似ていると言われる動物のイラストだったり、自分に似ているキャラクターだったり、自分っぽさが出せる画像にするといいでしょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.